FC2ブログ
Loading…
 

マスクを売ってみる

Posted by スプラットヤモリ on 30.2020 未分類 0 comments 0 trackback

こんにちは スプラットです

心に中学2年生を飼いならしているロマンチッカー数名から 俺も私もとマスクのお問合せがありました。

別にロマンチッカーでなくともこの5月ってきっとそういう時期なんでしょう。

だいたいがおかしかったんですよ、マスクをつけることが当たり前になったとして、髪が赤い奴も黒い奴も金色の奴も、着るモノだってゴリゴリのモードっ子も我らのような匙加減系ミクスチャーもノンポリ(洋服とかどうでもいい層)も、そして男性も女性も、 画一的に「白いマスク」っちゅうのが間違ってたんですよ。  
現在の手作りマスクの流れって完全にコレ。  ただ、手作り過ぎてファッションとしてはこれからかなといったところ。 でかいマドラスチェック柄とかよっぽど考えないと全殺しするでしょう?余り布でどうにかしようとし過ぎー。

まぁ、言うても夏が近くなったら「暑くない」が売りの機能素材が本流になってくるだろうから、この手作りマスクで遊ぶ感じはまさにこの5月が旬・・・

スプラットオリジナル:リメイクマスク・・やったろうやないかい


さて、いざやるとなりますとファッション性だけに特化しますとドングリになってしまうので一歩二歩踏み込んでモノの背景が欲しいところ。どうせウチにいらっしゃる方々も似たような考えでしょう。

というわけでまず材料の背景・・・ 古着屋提案のマスクは基本リメイクなので「既存の洋服をバラしマスクへと再構築する」という流れになります。
DSC_0252.jpg

大きな柱としては4つ

① 70~00’S頃の柄Tシャツベース

② アンティーク生地ベース(一回洋服になっているもの)

③ ブランド服解体ベース 

④ 染め生地ベース (ここは端切れを含む)

基本的には希少な私の面白コレクションと店のストック在庫をキレイにして使っていきます。 柄T一枚でマスク一枚なんてのがザラなので結構大変なハズです。色んな意味で・・・






次に 作家性的背景

暇時間が増えたので私が時間を利用して作りました!では背景として弱いので人に頼むことにしました。 ただ、絵柄のトリミングなど中二的な感性が近い必要があるので 時々色々教えてもらってるUD氏を頼ってみることとします。

L1012659.jpg

寺町を越えて

L1012660.jpg


UD.jpg

UD氏の自宅兼アトリエを訪ねます

「こんちはー、マスク作ってー」

「いいよー」

二つ返事でした。

ただ、

「1000円しないで出せる奴と5000円以上する奴どっちがいい?」

「1000円以下の奴でお願いします!」

5000円以上のやつは革の端切れがどうのこうの言ってたのでたぶんこれじゃなかろうか?
鳥マスク
さすがに中二が過ぎるので却下


UD氏は本職がありホントはこのご時世忙しいようなので100とか200とかって量は難しいかと思いますが、5月中はシコシコ作ってくれるそうです。


週明けには第一弾がお店に出せるかと思いますのでその時はまた続報をこちらから・・・




スポンサーサイト




  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sprat0221.blog71.fc2.com/tb.php/587-ec75f83c

プロフィール

スプラットヤモリ

Author:スプラットヤモリ
こんにちは、久留米日吉町にてひっそりとしておりますSPRATのブログです。私、根っこの部分がだっさいので、かっこいいお話もなければ、かっこいい文章も書けません。あくまで自己満足日記になりますが、歯磨きの最中とかについでに見て頂ければ幸いです。

福岡県久留米市日吉町27-5
0942-38-9950
12:00~21:00
定休日 火曜日
扱い メンズ・レディース古着等

最新トラックバック

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR