FC2ブログ
Loading…
 

締めの言葉

Posted by スプラットヤモリ on 30.2019 未分類 0 comments 0 trackback

一年最後の営業日であり愛兎の命日であります本日は、やや殊勝な気分と連動させまして毎年こんな感じの場とさせて頂いております。面倒くさいかとは思いますが少しお付き合いくださいませ。 本当に必要な部分はラストの年始の予定だけですので。

こんにちはスプラットです。今年も一年お付き合い頂き有難うございました。

景気がどうこうとかは直接関係のないレベルのお仕事とは思ってはおりますが、何がどう作用したのかなかなかにツラく感じる一年でございました。 暑い盛りは私物を持ってリサイクル屋さんに駆け込み、「家賃がヤバいんで一円でも高く買ってください」とお願いしたものです。ウチに物を持ってきて下さる方の大半は「誰かに着てもらえたらいいと思って・・・」なんておっしゃる方ばかりなので、どうもそんな方々と私とは人間としてのステージが二つか三つ違うようです。 
さて今年はここの部分を広げてみたいと思います。

ここ十年といったところでしょうか、個人で物を売り買いするということが当たり前になって参りまして、それ故の変わった現象が起きはじめました。物(消耗品を除く)が生み出すお金が販売時の金額を何倍にも上回ってきたのです。こと洋服に関しては顕著でありまして、我々の世界では「1セコ・2セコ・・」なんて言い方をするのですが、何十年前のヴィンテージならともかくここ数年内に販売されたものが7セコ8セコなんてのが平気で出てきたのです。何を言っているのかといいますと
新品で買ったものをセカスト売って(1セコ)、セカストで買ったものをヤフオクで売って(2セコ)、ヤフオクで買ったものをメルカリで売って(3セコ)、メルカリで買ったものをセカストに売って・・・・
複数の方由来ではありますが、これ一つの物を買って売ってするたびにお金が発生しているわけなので物によってはすごいお金を生み出してるわけなんです。

もちろん全ての物がこういった状況になるわけではありません。流行り少なく高品質で・・等々、一定の条件をクリアする必要があります。ただしこの条件をクリアした物は以前より物として数段上の価値を持つようになっております。売って買ってする方は当然この条件を念頭に考えてらっしゃることでしょう。最近雑誌等で毎年似たようなものばっかしか出てないなーなんて感想はどうもこの辺りに由来しているようなのですがそこら辺はまた別の機会に触れます。

さて、原始の物々交換を進化させたような、こんな個人でのやり取りのサイクルの中にいることが当たり前になった方々は物に対する考え方が変わって参ります。かつては「一生もの」を殺し文句に個人完結でものを考えていたわけですが、このサイクルの中にある方は「いずれ人に譲る」を前提に全体の中の一部というように考えるようになって参ります。
歴史的な宝石や巨匠の絵画を高額で買い入れる方が「次の時代に受け継ぐ橋渡しの権利を買った」なんていう感覚が我々のところまで降りてきたというと伝わりやすいでしょうか。いや、バケツリレーのバケツが手元にあるという絵を想像するだけでいいかもですね。

人に譲るを前提に考えるということは少なくとも譲るのに恥ずかしいレベルのものだと困ってしまいますし、当然その時がくるまで大切に扱います。そんなことを考えて買い、そんなことを考えて所有する。自分のものというよりは借り物という感覚に昇華されていくわけです。

樹木希林さんは「自分の身体も借り物」なんておっしゃっておりました、洋服もそうですが自分の身の回りにあるものが「借りているものでいずれは人に譲るもの」と考えられることはきっと「片っ端から捨てて片付けよう」とか「最小限以下の物しか身の回りに置かない生活」なんていうよりずっと素敵な考え方だと思うのです。ちょっとしかなかろうがたくさんあろうが自分の物じゃないんですもん。
「墓までは持っていけないよ」 昔の人はうまく言ったものです。

そしてなんとなくではあるのでしょうがそこに行き着いている「誰かに使ってもらえたらいいと思って・・・」なんておっしゃって御来店される皆様は、ぼんやりとそんなことを考えながら行動に至れない私より二つも三つも上のステージにいらっしゃるという結論になるわけなのです。憧れます。




 さて今年もひとしきり暴れさせて頂きありがとうございました。

この場が私の行き場を失ったシャーデンフロイデの持っていき場となっておりますのでスッキリとした気持ちで新年を迎えることができます。


年明けですが

3日から初売り、5日までセール的なものをやると思います。内容は決めておりませんが対象外のあるものではないかと思います。

また引き続き来年も宜しくお願いいたします。

20191230_183338.jpg



       12月30日 スプラットヤモリ














スポンサーサイト



1236~1242 (メンズ)

Posted by スプラットヤモリ on 22.2019 メンズ衣料 13年10月以降 0 comments 0 trackback

クリスマス前最後の日曜日が冷たい雨が降る一日でがっかりなんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか? それは私です。

こんにちはスプラットです。 人が来ない・・・

すっかり心を閉ざして中古で買ったホモデウスを読みふけっておりましたが、ふと我に返りブログを書くことと致しました。

そんないきさつでございますので内容は薄めです。





No 1236

ESK  

L1012622.jpg

SIZE L
スコットランド製

※ カシミヤ100 








No 1237

COMM ARCH  

L1012621.jpg

SIZE 4
日本製








No 1238

7×7    

L1012623.jpg

SIZE 1
日本製








No 1239

GREG LAUREN   

L1012624.jpg

SIZE 1
USA製








No 1240

7×7   

L1012625.jpg

SIZE 2
日本製








No 1241

CITERA  

L1012626.jpg

SIZE M
日本製








No 1242

P.H.DESIGN  

L1012627.jpg

SIZE M
英国製










バイオやらAIやら機械化やら言っておりますが、直近で最も懸念すべきはホモ・ムテキノヒトでしょ?


気づき

Posted by スプラットヤモリ on 09.2019 未分類 0 comments 0 trackback


ここのところ様々なところで英字を書いた洋服を着ている人にその英字の意味を伝えて辱めるという企画が増えております。
「そんな意味だったのー恥ずかしくてもう無地しか着れないー」みたいなのを見て喜ぶようなのですが、こちらとしましてはこれ以上皆から洋服を選ぶ選択肢を狭めないでくれよという気持ちで一杯です。いいじゃないかデザインなんだから。

こんにちはスプラットです。

夏の変なTシャツの流れからここ数年アホな柄のトレーナーを好んで着ております。 現在お気に入りの「3本の矢」がございまして、これらが大車輪の活躍を見せております。

DSC_0241.jpg

①ゴキブリ鳥




DSC_0242.jpg

② うかれ鳥






L1012619.jpg

そしてこれが一番のお気に入り 「犬たち」です。 この辺のトレーナーは全体の雰囲気を三段階くらい落としたところで調整してくれるので大変重宝しております。 例えば今日も分解すれば

カーデ・・PAUL HARNDEN
パンツ・・CARELABEL
帽子・・HENRY CUIR
バングル・・Perry Shorty

と、ミーハー心を内包した内容なのですが、はたから見れば「今日も吉野家行くですか?」みたいな仕上がりになるのが大変気に入っております。



しかしながら
細かいところを気にしないっていうのはいけないもんですね。既に3年くらい所持しているハズなのですが、先日なんの犬が書いてあるのだろうとストーブの前で柄をしっかり見ておりましたところ

L1012620.jpg

「DOTSUITARUNEN」


「ド・ツ・イ・タ・ル・ネ・ン」



!?



英語ですらありませんでした。




まぁますます好きになったのですけれども
















  

プロフィール

スプラットヤモリ

Author:スプラットヤモリ
こんにちは、久留米日吉町にてひっそりとしておりますSPRATのブログです。私、根っこの部分がだっさいので、かっこいいお話もなければ、かっこいい文章も書けません。あくまで自己満足日記になりますが、歯磨きの最中とかについでに見て頂ければ幸いです。

福岡県久留米市日吉町27-5
0942-38-9950
12:00~21:00
定休日 火曜日
扱い メンズ・レディース古着等

最新トラックバック

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR