FC2ブログ
Loading…
 

R-15

Posted by スプラットヤモリ on 16.2019 未分類 0 comments 0 trackback

こんにちは スプラットです。イヒヒヒ。


顔も知らない仲間たちが「俺はJOKERだ」 「俺もJOKERだ」と盛り上がっております。

であれば私もJOKERか? 確かめに行って参りました。 私もJOKERでした。ちゅうか、皆JOKERでしょ?

とにかく凄い映画でした。 

まだ見に行っていないよというロマンチッカー達にスプラットなりにご紹介しますので来店時に語りましょう。



大まかな内容はこんな感じ

例えば・・上司に理不尽に凄い怒られました。その晩布団の中で悶々として上司を殴って謝らせる想像をしました・・・コレだけです。

つまりJOKERは概念です。 だから皆JOKERなんです。皆JOKERなのでR-15なんです。JOKERが目覚めちゃうと困るので目覚めやすい人は見ちゃいけないんです。

これだけのことなのですが構成は大変複雑でした。 事前の構えとして「バットマン」という印象を棄てておいた方が良いように思います。少なくとも「ダークナイト」のJOKERとは別人です。アメリカ版の「人間失格」と思って見に行くとしっくりくるかもしれません。その他「新約聖書」、またチャップリンの「モダンタイムズ」の知識があった方が作中で言うところの「ジョーク」を受け入れやすいと思います。上記の例で言いますと、いいおっさんが上司から怒られている姿は客観的に見ると喜劇、しかし怒られている本人の顔をフォーカスするならば悲劇。 喜劇と悲劇は裏表であるという感覚があるとより楽しめることでしょう。よく言われております「タクシードライバー」とか「キングオブコメディ」とかは芯の部分ではどうでもよさそうです。

「演技がすごかったよねー」で終わらせられる作品ではないように思います。 見終わったあとに「ここはこうじゃない?」 「いやいやこうだよ」という意見を言い合ってはじめて完成するいわば文学に近い作品です。

事前に多少の構えがあるかないかで大きく評価の変わる作品のようです。是非参考にして頂いて見終わりましたらおしゃべりしましょう。
私は最初に書いたように「布団の中で上司を殴って謝らせる想像をした」派です。














※ リバーフェニックスが好きでした






















スポンサーサイト



ボッチ飯の手引き

Posted by スプラットヤモリ on 12.2019 未分類 0 comments 0 trackback

こんにちはデイダラボッチ卿です。

皆様もお一人で外食される機会があるかと思います。以前と比べますといわゆる「一人飯」というハードルはかなり下がりました。
「誰にも邪魔されず食べることに向き合いたい」というスタイルが確立したからです。事実ほんの少しの勇気さえあればおよそ大抵の場所で食事をすることができるでしょう。 しかしそのほんの少しの勇気を持ち合わせていない者は? 「じゃぁ誰かと一緒に行ったらいいだけじゃん」 一緒に行く相手がいないとしたら?  
一人飯にも意識の高い低いがあります。 上記の「誰にも邪魔されず~」なんて方はやろうと思えばいつでも誰とでも食事を楽しめるがたまには敢えて一人がいいという方なのです。「ある程度大人になると同姓でつるんで歩いてると見た目が汚いじゃない?」なんて言い放つロマンチッカーさえ存在します。まじで憧れます。
我々のような「知らない店のドア開けるの怖い・・かといって一緒に行く相手もいない・・・」こんなドブネズミは犬も食わない肉を食い、猫も食わない魚を食べて過ごしていかなければならないのか? 我々だって美味しいものを食べたい。 テレビで「パンケーキ食べたい」って言う芸人さんがいらっしゃいましたが、我々は「うぅ・・・パンケーキってやつを食べてみたいよォォ」なのです。

私は廻りました。ヒトリットン調査団として福岡~柳条湖まで。 

そして100の美味しくて敷居の低い店を探して参りました。 これから私と同じような哀しきゲットーのドブネズミ共に集中連載としてこの店たちを紹介して参ります。 お前のブログ時々固有名詞出てくるけどダイジョブか?というお声もあることでしょう。 まぁ20人くらいしか見てない野良犬ブログがキャンキャン言った所で問題ないでしょう。悪いこと書かないし。



第一回 福岡市西区 「おさかな天国」

海鮮丼の巻


久留米から糸島行こうって場合どうしてます? 都市高乗ります? 私みつせ回りで行きます。吉野ヶ里越えて三瀬越えて峠抜けて福岡入りまして やぁ都会だーといった頃「おさかな天国」は近くに現れます。 そこはスーパーと道の駅の中間のような施設であり魅力的な魚介類と野菜に満ちております。客層もすっかり年寄り、最高です。
20171202_2195604.jpg

あまり広いとは言えない店内に暖簾を隔てたスペースがありここで海鮮丼が頂けます。 この暖簾というのがポイント。我々を店から遠ざけるのは最初のドアを開ける行為。 慣れた方はプールに入るのと一緒で入っちゃえば場に馴染むよなんておっしゃいますが、水を嘗めたらいけません、手のひらで水面をピチャピチャやってごらんなさい、水の固体感を感じますよ。 という感じで色々理由をつけて逃げるほど最初の一手は怖いものなのですが、ここでは売り場から続きのスペースなので逆にしっかり我々のドアをノックしてくれるのです。

992261_615.jpg

店内もちょうどよし。不必要なものがない。作業着で入ったって大歓迎ですよ。

oskanatengoku.jpg

そしてコレだ。 おさかな天国だもの、そりゃそうだよ。


L1012457.jpg
腹ごなしは二見が浦で波を100数える



どうでしょうか、このシリーズ!期待が持てるでしょう。まだ99残ってますからね、次回もお楽しみに。






追記

このボッチ飯の手引きシリーズは書き終えた後の私の虚しさが限界を超えてしまう為 この「第一回 おさかな天国」をもちまして休載させて頂きます。
申し訳ございません。













ロマンチッカー2

Posted by スプラットヤモリ on 27.2019 未分類 0 comments 0 trackback

正月の島原ブログを読んでくださいましたお客様から「ロマンチッカーとはなんぞ?」とのご質問を頂きました。
私見ではございますが、休日に大切な人とビオトープ(店のほう)に行くのがロマンチスト、正月に一人で島原に行くのがロマンチッカーです。 もう少し噛み砕きましょう、子どもの頃に大人になったら当然こうなっているんだろうなというレールから外れたところにいる者の呼び名の一つであり「子ども部屋おじさん」に類するものです。

「・・・・・・」

あぶね、死にたくなった  さぁテンションを戻して

こんにちはスプラットです。意外と皆様もそうでしょ?名前付けたろか?


さて日吉のロマンチッカーを自負しております私ですが、先日ロマンチッカー仲間よりこんな情報を頂きました。


「佐賀の太良町は月の引力が見える町ですよ・・・ニチャァ」

「なんと?どういうことですか、月の引力が見える永遠!? ニチャァ」


ちょっと調べてみましたら結局有明の潟ですね、そりゃそうだろうよ・・とは思いましたが、大魚神社の海中鳥居というキーワードに興味を覚えまして、せっかくだから見に行ってみましょうかと。

場所を確認しましたところぐるっと佐賀周りで行くよりはもはやフェリーで島原に渡った方が近いんじゃねという印象。また島原かい。梅雨入り直前の快晴の天気予報ですが気温の予想が33℃、ノリでフラフラしてたら倒れてしまう可能性がございますので
オリエンテーリングのチェックポイントを限りなく絞って参ります。

①フェリーの行程を全デッキ過ごしで鯨を見逃さない

②古民家熱!憧れの四明荘の梅雨を確認

③日本ロマンチスト協会の名誉本部 愛野駅

④大魚神社の水中鳥居



というわけで先日火曜日行って参りました。


①フェリーの行程を全デッキ過ごしで鯨を見逃さない

L1012411.jpg

鯨はいない。 上ってくる人もいない。顔をベタベタにしただけの45分。






②古民家熱!憧れの四明荘の梅雨を確認

L1012412.jpg

L1012413.jpg

L1012414.jpg

L1012415.jpg

L1012416.jpg

もてなしてくださる案内役の女性の方に「久留米からです」と伝えましたところ「四明荘は久留米の梅林寺と同じルーツでございまして~」と語り始めまして「おや?正月の時と一緒のことをおっしゃいはじめたぞ」と思いその時と同じような世間話を繰り返してみましたところテープレコーダーのようにまったく同じ受け答えをしてくださいました。 これがプロなんだなーと。




③日本ロマンチスト協会の名誉本部 愛野駅

L1012419.jpg

L1012422.jpg

「また行ったんかい!」 目に浮かぶスマホに突っ込む皆様のお姿・・
少しだけウケたい・・そんな下劣な願望からこの写真一枚撮るために多くの時間と労力を無駄にしました。




④大魚神社の水中鳥居

L1012438.jpg


L1012425.jpg

まさかの引き潮  普通に地面に鳥居が立ってる姿を見に来ただけになってしまいました

L1012428.jpg

カップルがたくさんおりまして優しくしますと(写真撮りましょうか?的な)優しくしてもらえます

L1012437.jpg

地元のみなさんが食いに食った貝殻が無数 サンダルで来たらヤバいことになりそう

L1012436.jpg
写真で言うところの私の肩くらいまでは沈むんですって。ほーん







薄い内容になってしまいましたが想定より島原の普通の街中をフラフラしております。お気づきかと思いますが島原の町が思ったよりツボに入っております。なんか波長が合うところと合わないところってやっぱりありますよね?








つなぎブログ

Posted by スプラットヤモリ on 19.2019 未分類 0 comments 0 trackback

こんにちはスプラットです。インドームー。

大きく商品に行き来もない時期ですのでほったらかしておりますとブログの更新が延び延びになってしまいそうですのであげました。
はいそうですか・・ってな内容になるかと思われますが まぁいつもどおりってことです。


先日お客様から福岡のビオトープ(お店のほう)の話をお伺いしまして、これはいっちょ行ってみらないかんなと思い準備をしておりましたが、調べれば調べるほどこの雲上の場に我一人で行くのはつらいなということになり、急遽変更しまして映画アラジンを見に行くことにしました。 レビュー等を調べれば調べるほどこの夢見がちな場に我一人で行くのはつらいなということになり、急遽変更して映画ゴジラを見に行くことにしました。ゴジラには私を不安にさせるものは何もありませんでした。 見ました。ラドン最高。


洋服に携わって20数年、私はいつのまにかゴジラ側の人間になってしまいました。 いや冷静に考えますともともとゴジラ側の人間でした。

帰りにツタヤで映画モスラを借りまして、現在一生懸命モスラの歌を練習しております。 傍らでネコが大喜びしております。



DSC_0217.jpg






やっみにかっくれていっきる

Posted by スプラットヤモリ on 12.2019 未分類 0 comments 0 trackback

こんにちはスプラットです。

急な案内となってしまいましたが「かたつむり祭」にはたくさんのお客様に御来店頂きました。有難いことでございます。

そんな中一人のお客様が 「スプラットさん、蛍は見に行った?」

「行ってねっす いや、行けんかったっす」

「まだいっぱいおるよ」

「もう6月10日になろうとしますがまだおるですか?」

「今年はちょっと遅いみたいよ」

ふぁっ!これは朗報!

以前ブログにも載せたことがありますが広川の逆瀬谷薬師堂、ここに行く道すがらが蛍が出そうな雰囲気満点でして時期が来ましたら是非確かめに行きたいと思っておりましたことを思い出しました。

http://sprat0221.blog71.fc2.com/blog-entry-520.html

というわけで先日の火曜日、暗くなるのを見計らって広川ゴットン館周りを目指し行って参りました。

DSC_0210.jpg

はい、何もわかりますまい・・

写真は撮れないですがすごいたくさんいました。 過去の私は良い目をしてたなーと自画自賛。近くを飛ぶので数匹とっつかまえて蛍の墓ごっこもできるレベル。今までで一番。だーれもいないし、こりゃ穴場じゃなかろうか?

ただ上陽あたりで蛍を見ることに慣れているとだいぶ覚悟していらっしゃった方が良いかもしれません。とにかく暗くてとにかく静かでただただ怖い夜です。 夜の薬師堂も興味はありましたが、ゴットン館より上には登れませんでしたよ。まぁあんなとこで人と遭遇しても向こうの方がよっぽど怖く感じるでしょうが。



今週末くらいまでダイジョブそうなので行ってみては? ただ、一人じゃないほうがいいですよ、暗くて怖いから。



えっ?ホタルって一人で見に行くようなもんじゃないんですか?


















  

プロフィール

スプラットヤモリ

Author:スプラットヤモリ
こんにちは、久留米日吉町にてひっそりとしておりますSPRATのブログです。私、根っこの部分がだっさいので、かっこいいお話もなければ、かっこいい文章も書けません。あくまで自己満足日記になりますが、歯磨きの最中とかについでに見て頂ければ幸いです。

福岡県久留米市日吉町27-5
0942-38-9950
12:00~21:00
定休日 火曜日
扱い メンズ・レディース古着等

最新トラックバック

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR